30年余りの歳月をかけ、世界で初めて完成した商品!
お米から取れたもみ殻を特許製法により純度98%以上のケイ素を抽出した溶液化
初回購入からポイント還元


ブラックシリカの新聞報道


1万円以上、送料代引き手数料無料!

沖縄・離島の方は1万円以下1,900円・1万円以上1,000円の送料となりますのでご了承下さい。
お電話での注文・お問合せ・健康相談は通話料無料の0120-973-874から
クレジットカード・銀行振り込み
代金引換(現金・商品到着時にクレジットカード決済・デビットカード)よりお選び頂けます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
銀行振込をご選択いただいたお客様へ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
商品注文後7日以内に下記の口座にお振込みください。
ご指定日または入金確認日より10日以内にヤマト運輸にてお届けいたします。
北海道銀行東山支店 普通預金0638422
エコサイエンス 中村正行

(エコサイエンス なかむらまさゆき)


ブラックシリカ健康館/ブラックシリカ専門店・健康食品販売
042-0942 北海道函館市柏木町29-8 TEL 0138-86-9977/FAX 0138-56-1748

[商品一覧ページへ戻る]

▲ページTOPへ

[プライバシーポリシー] [特定商取引法に基づく表示] [お問い合わせ]


ライスシリカ 50ml

容量
50ml(約36日分)
価格1,944(税込)
19ポイント(1)

ライスシリカ 500ml

容量500ml(約12ヵ月分)
価格19,440円(税
1944ポイント(10)

ライスシリカプレミナム 50ml
容量50ml(約36日分)
通常価格3,024(税込)
30ポイント(1)

ライスシリカプレミナム 500m
容量500ml(約12ヵ月分)
通常価格21,600円(税
2160ポイント(10)

人との親和性がとても良い植物ケイ素は、もみ殻が地中から吸収した豊富な微量栄養素を、毛細血管を通じて体の隅々まで届けてくれます。
また、もみ殻はケイ素含有量が約20%と高く、他の栄養素も多く含む植物として優れています。お米のもみ殻は他の植物に比べ、豊富な栄養素を含む。 カルシウム、マグネシウム、亜鉛、三価クロム、ナトリウム、セレン、モリブデン、カリウム、リン、コバルト、モリブデン、鉄、マンガン、硫黄、アミノ酸  など「もみ殻由来のケイ素」はミネラル・ビタミンなどの栄養成分の種類も量も 豊富に含まれています。
また植物性ケイ素は人との親和性が高く安全で安心して摂取することが出来ます。
世界保健機構(WHO)及び国際がん研究機構発表より 植物のイネには多くのミネラルが含まれていますが土中のケイ素は溶解・解毒され茎や葉、もみ殻へと吸収されます。この働きにより私たち人間と親和性が高く安全な植物性ケイ素となります。
ケイ素は1810年にベルツェリウスによって発見。
元素記号 : Si


ケイ素の働きによる身体へのメリット
水素イオン(H+)の補足
ケイ素には体内の水素イオン(H+)を補足する働きがあります。 ケイ素は水素イオンを補足、結合(還元)して血液の酸化を防いでくれます。
血中酸素の量が増加
ケイ素はコレステロールに作用して血管壁の掃除もしてくれます。血液の循環が良くなり赤血球に付着している水素イオンにもケイ素は作用するので、赤血球による酸素の運搬も活発になります。
(身体全体の末梢血管に至るまで酸素を運ぶ事で細胞が活性化され健康になります。)

電子の受け渡し
電子の働きによってコレステロールが乳化し血管壁を掃除してくれるため、血管は広がり(血圧を安定させ)血液の循環が良くなって酸素欠乏を解消します。
水分の代謝
水素イオンをつかまえたケイ素は腎臓で水分が再吸収されるのを防ぐ働きもするので利尿効果が高まります。
これにより水分代謝がよくなるので、むくみがとれ腎炎や膀胱炎、肋膜炎を予防し、肝臓への負担を緩和します。

ケイ素は私たちの身体に必要な必須ミネラルですが私たちの体の中ではケイ素を作ることができません。
成人では1日あたり約1040mgのケイ素が消耗されており20代をピークにケイ素を蓄える能力が徐々に低下し40代を越えるとケイ素は顕著に減っていく一方といわれています。海藻類、玄米、大豆などケイ素含有量が多い食物ですが現代の食生活では十分な量のケイ素を摂取出来ませんのでサプリで補うことが必要といわれています。酵素と共にケイ素は生物界で最も多く存在する元素の一つと言われています。
ケイ素の役割や必須栄養素である実証は、これまでに多くの非臨床試験 (ネズミ、ウサギ、ニワトリなど)を始め、人による臨床試験でも明らかになっています。人の体内にケイ素は18gと、多く含まれています。(特に骨、関節、血管、細胞壁、皮膚、毛髪、歯、爪、筋肉などにケイ素は多く分布しています)
【加齢と共に減ってしまう、ケイ素の含有量】
骨の成長維持に、ケイ素は必要ですが、残念ながら年齢を重ねると共に(加齢)ケイ素の含有量は減ってしまいます。 (アテローム型の動脈硬化症の人の動脈では、ケイ素の含有量が激減していることが判明しています。)